‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

肌への効能

2014/11/21

お肌の毛穴を引き締めて、ニキビ予防などにも効果のある、
収れん化粧品は乱れたキメを整える効果もあります。
化粧水などは、お肌に潤いを与えるだけでなく
瞬時に肌を引き締め皮脂をコントロールしてひんやり気持ちよく
整えくれます。

 
夏の日焼けなどで、ほってた状態には、下から風を送り込むように
しっかりパッティングして冷やすと良いです。
また、収れん作用を持つ物質には、たんぱく質を変質させる事により
組織や血管を縮める作用があります。
そのため、抜け毛を防ぎ発毛や、育毛にも効果がありシャンプーなどにも使われています。
育毛効果のあるシャンプーや育毛剤には、かならずこの様な効果をもたらす
何らかの物質が含まれています。

 
使用感もとても良く、頭皮のや毛穴の汚れが一掃されたようなすっきり感が得られるも
収れん効果のあるシャンプーや育毛剤の魅力のひとつになります。

 
最近では、ヘアスタイリング剤の中にも、抜け毛予防成分などのが配合されており、
頭髪や頭皮につけるもにも、抜け毛予防効果があるものなどが非常に人気があります。
こちらも、やはり、使用感と洗い流したあとの爽快感があり、同じ使用するなら髪や頭皮に優しいものを
と気を使う男女に人気になっています。

 

身体への効能

2014/11/21

アロマオイルは香りがよく、芳香浴をしたり、バスタブに落とすことでリラックス効果を得ることができます。
そして、それだけではなく身体の不調の改善にも役立ってくれますので、不快症状の改善にも利用していきましょう。

 

 

のどの痛みもよく起こる症状のひとつですが、この場合はユーカリはせきを鎮めたり、痰を抑えるのに役立ってくれます。
ティートゥリーは殺菌効果があり、免疫力を高めてくれます。
このほかにもサンダルウッドはのどの痛みやせきに効果があります。このほかにもペパーミントやサイプレス、ラベンダー、カモミール・ローマンなどものどの深い症状の改善に役立ちます。使用方法は芳香浴にしたり、外出先ではティッシュなどに精油を落として香りをかぐのも良いでしょう。
注意点としては精油は飲み込まないようにすることが大切です。

 

 

それから皮下脂肪やセルライトが気になっているという場合はグレープフルーツが役立ってくれます。むくみが出ているときはジュニパーを利用するのも良いでしょう。使用方法はマッサージオイルとして気になる部分をマッサージするのも良いですし、入浴にも利用することができます。
グレープフルーツは光毒性がありますので、使用後すぐに紫外線に当たることは避けましょう。

心への効能

2014/11/21

アロマオイルは実に200~300種類あると言われ、香りや効能もそれぞれです。
香りを楽しむ芳香浴や、アロマオイルを使った体のマッサージ、ハーブティを飲むなどの方法があります。
日本では医療として認められていないものの、呼吸器系の不調や胃腸障害、体内の浄化作用など、人の体の健康を維持したり、不調を改善させる役割をはたしています。

 
そしてアロマオイルは、心身ともにリラックスできる作用が強いです。
人は何かと不安に直面する場面が多いです。
対人関係や、自分や身内の病気、試験や人前で喋る前の緊張感を伴う不安などいろいろありますが、こういった場面では心が落ち着かなくなり、息苦しくなったり、時には恐怖にさえ感じる事もあります。
そんな時にアロマの香りは、優しく心を癒してくれます。
緊張した時は、ラベンダーやクラリセージ、落ち着かない時はベチバーやシダーウッド、神経がピリピリして苛立っている時はベルガモットやメリッサというように、状況に応じて適切な精油も様々です。

 
いくつかの種類をブレンドする事で、香りが一層引き立ち、効果も高めてくれます。
また、これらの香りは脳を活性化させ、気持ちをリフレッシュさせてくれます。
つまり何かに集中したい時にも有効的なのです。

使用する際注意すべきこと

2014/11/21

てんかんの症状を持っている人は、薬を服用して症状を抑えるのが一般的な対処法です。しかし、妊娠中に抗てんかん薬を使用する際には注意が必要です。何故ならば、先天性の異常を持った子供が生まれる可能性が高くなるからです。しかしその一方で、妊娠中に発作が起こって全身がけいれんすると、切迫流産などの原因にもなるので、独断で薬の服用を中止することはお勧めできません。

 
担当の医師とも相談する必要がありますが、てんかんの症状を持つ人が妊娠を希望する場合には、生まれてくる乳幼児に先天性の異常がないようにするために、注意すべきことがいくつかあります。一つは、薬をなるべく1種類だけにして治療することです。その薬も、生まれてくる子供に先天異常が起こりやすいとされている薬から、他の種類の薬に変えていく処置が必要となります。さらに、そうしたより安全性の高いとされる薬でも、服用する量はできるだけ少なくすることが大切です。

 
このような対策をとることで、妊娠や出産に対して、薬の危険性を高い確率で防ぐことができるようになります。但し、薬の種類を変えたり服用量を調整する対策をとるので、担当医と十分に相談して、方針を決めていくことが大切で、絶対に個人的な判断で服用量を勝手に少なくしてはなりません。

シダーウッド・バージニアとの違い

2014/11/21

シダーウッド・バージニアはサイプレスのような森林の様な匂いで檜に似た香りがし、その作用はダニなどの防虫効果がありますが、呼吸器系の気管支炎や咳と鼻炎等にも効き目があり、その他に精神系の鎮痛や鎮静をしてくれたり月経促進や関節炎などの症状にも効果があります。

 
さらに皮脂の分泌を抑える効果がありますが、とても殺菌効果や流産促進作用があるので妊娠している方は使わないでください。
シダーウッド・アトラスと混同してしまいがちですが、シダーウッド・バージニアは全く違う植物から採取されます。
アトラスはマツ科ヒマラヤスギ属で別名シダー・ホワイトと呼ばれ、バージニアはヒノキ科ヒノキ属やビャクシン属に振り分けられて別名レッドシダーといいます。

 
シダーウッド・アトラスの香りは深い甘みの中にもスパイシーさを僅かに含んでおり、その作用は緊張を和らげたり集中力を高めてくれる他に、殺菌や消毒もしてくれてフェイスマッサージ時に使うとニキビ予防になります。

 
二つは香りも全く異なりますが用途も異なる部分が多いです。
バージニアは防虫効果が高いので虫よけに使われ、アトラスはマッサージやフェイシャルケアに使われたり就寝時の寝室にも使われます。

アトラントンの作用

2014/11/21

アトラントンは保存に細心の注意を払うことによりまして長期保存が可能となる精油の一種であります。

 

香りの特徴としましてはドライでウッディーな香りを有している点でありまして、その特徴から男性に好まれている傾向があります。使用されるシーンとしましてはストレスを緩和したいときや神経の緊張をほぐしたいときに使われるとされております。歴史的に紐解きますと、古代エジプト時代までさかのぼるのですがミイラの防腐処理をする際に利用されていたとされております。このアトラントンが有している効能としましては、去痰作用や胆汁分泌作用に脂肪の溶解作用があるとされており、さらに傷跡を目立たなくする作用も有しておりますので大変重宝される成分となります。専門的な分類としましてはケトン類に属しており、注意点としましては神経毒性を有している点でありまして、高濃度の場合には肌への直接使用は不可とされていることが多くなっております。

 

オイルなどで希釈して使用するケースにおきましても精油成分が1パーセント以上になってしまうものに関しましては、産後の授乳期にある方や妊産婦および幼児に対しましての使用は不可とされておりますので、注意が必要となります。

β-ヒマカレンの作用

2014/11/21

β-ヒマカレンはシダーウッドアトラスというエッセンシャルオイルに配合されている成分になります。ウェディング07

 

シダーウッドアトラスは、マツ科の樹木になり香りはウッディーで優しい香りになり、精油は主にモロッコで生産されています。シダーウッドアトラスの成分はセスキテルペン炭化水素類・セスキテルペンアルコール類のセドロール・ケトン類のアトラントン・セスキテルペン炭化水素類のβーヒマカレン・αーヒマカレンなどになります。セスキテルペンアルコール類が80%以上の割合を占めていて、うっ滞除去作用があります。シダーウッドアトラスの作用は、神経性の緊張やストレスの緩和作用があり、脳を活性化させる働きがあるので、集中力がアップすることができる効果があるといわれています。痰の除去作用やのどの痛みなど呼吸器系の疾患に効果があるといわれています。内分泌系や神経系の強壮効果があるといわれています。殺菌・消毒・収斂作用があるのでニキビ肌やオイリー肌などを改善させる働きもあるといわれています。皮脂の分泌をコントロールするので、頭皮の皮脂による抜け毛の予防効果があるといわれています。シダーウッドアトラスと相性が良い精油は、ハーブ系やスパイシー系になります。

主な芳香成分と作用について

2014/11/21

β-ヒマカレンという芳香成分は、喉や鼻の炎症に伴う痰を取り除き、老廃物を排出を促すリンパの流れを促進します。さらに停滞した血液の流れを改善する作用があります。抗菌消毒作用があるため、ニキビなどの皮膚のトラブルにも効果的とされています。セスキテルペン炭化水素類であり、他のアロマが毒性を持つ場合それをやわらげる働きをします。女性ホルモンと似た働きをするエストロゲン様作用があるので、妊娠初期の利用は避けてください。

 
セドロールという芳香成分は体の機能をコントロールする自律神経のうち、休息時に作用する副交感神経を活性化します。そのため、心身をリラックスした状態へ導き、心拍や血圧の低下が起こり睡眠へと促します。セスキテルペンアルコール類であり、刺激が少ないため、使いやすい成分となっています。免疫力を高めたり心身の働きを強くする作用があります。

 
アトラントンはβ-ヒマカレンと同じ去痰作用のほかに、脂肪を溶解する、肝臓の機能を活性化させて消化吸収を良くする胆汁の分泌促進する、やけどや傷などの傷跡を改善する作用などがあります。ケトン類であり神経に対して毒性があることから、妊婦や産後の授乳期また乳幼児に対しての利用は控えます。

歴史とその使われ方

2014/10/22

エッセンシャルオイルの歴史はとても古く、文献によると古代エジプト時代から使われていたそうです。

 

古くから治療薬と防腐薬としての効果が知られており、医療や宗教儀式の場には欠かせないものでした。古代エジプト人は死者の蘇りを信じていたので、死者があの世から戻ってきた時に、肉体が無くて困ることのないよう、亡くなった後の遺体をそのまま保存しておこうとしました。こうして作られたのが、有名なミイラです。ミイラは死者の肉体をエッセンシャルオイルに浸した清潔な布で包み、外気に触れないようにして保管します。その時に、遺体を覆う布に含ませるエッセンシャルオイルとして使用されたのが、ミルラとシダーウッドです。どちらのオイルも高い防腐効果で知られていたため、遺体を保管するには最適の薬と考えられていました。まだ化学的な防腐剤もない時代でしたが、人々は経験的に植物の優れた薬効を知っていたのです。その後何千年も経ち、王の遺体を保管したピラミッドは盗難にあい、ほとんどの遺体は盗まれてしまいました。

 

 

その時に布を取り払って遺体を見た墓盗人達は、生前の姿がよく保たれていることに驚いたといいます。有名なツタンカーメン王の棺を今の私たちが目にすることができるのも、植物の力のおかげだといえますね。